費用面は確実に理解を

債権回収に際し、結果的に弁護士に支払うべき費用が回収金額を超過してしまう展開は、残念ですが全国各地で発生が止まらぬ状況の典型例の1つです。ここで依頼者である皆さんに冷静に捉えていただきたいポイントとして、ご自身にその展開が生じる可能性を自らが冷静に試算から想定する作業の実践が挙げられます。そのためにも弁護士との事前相談から即正式依頼を焦らず、成功報酬の算出方法などを含め、さまざまなケースで自身に負担義務が避けられぬ費用がどうなるのか、そのシステムをキチンと把握の上、一旦リセットしての再検証が欠かせません。

 

例えば誠意的な弁護士の中には、たとえ裁判で勝訴したにせよ、債務者側に支払い能力が無い事が確信出来れば、依頼を辞退される方も見られます。これは相談者側が結果、自身への弁護士費用を持ち出しただけの形での終結となる事を回避する目的であり、その旨がきちんと説明されますので、しっかりと傾聴から理解に努めてください。一方で「回収出来なければ報酬ゼロ」的な文言で広く依頼者を募る弁護士も見られますが、この「回収出来なければ」の表現の文字の裏にはさまざまなケースが想定されます。「1円でも回収出来れば全額報酬請求」との解釈も出来る謳い文句であり、細心の注意を払い、僅かな疑問点を残したままの安易な依頼が結果、今度は弁護士との新たなトラブルを招く事となり兼ねません。

債権回収に強い弁護士

全国各地の法律あるいは弁護士事務所を開設あるいは所属の弁護士はそれぞれ、トラブル解決に際しての得意分野を有しておられます。総じて複雑な債権回収問題に関しても、この分野で確かな実績を誇る弁護士が全国各地で活躍していますので、まずはインターネットの検索機能などを活用から、最初に具体的な相談を持ち掛ける相手先を的確に見極める作業が不可欠です。

 

また限られた相談時間内で自社自身の現状を正確に伝える上で、事前の関連情報の準備整理を通じての弁護士への提示と説明作業が求められます。関連問題にどれだけ豊富な経験値を有する弁護士であったにせよ、相談者が抱えるトラブルの詳細は全て異なって当然です。最初に伝える現状情報に誤りがあれば、その後に届けられるアドバイスにもズレが生じるのみならず、時に悪意無き的外れな助言となってしまい、弁護士にその非を確かめる事は叶いません。

 

相談者としては正式にトラブル解決の依頼をする事を前提の相談となるのも債権回収問題に共通する傾向です。仮に自身の行動範囲内に複数の候補となる弁護士が存在するのであれば、無料相談サービスを活用から各々に実際に足を運び、自身との相性や感覚的な信頼度を確認比較されるのも一案です。

 

複雑な債権回収問題

元来支払われるべき金額の入金が滞るケースとしては、取引先間に於ける売掛金回収問題が思い浮かびますが、これが債権回収問題となった場合、状況はより複雑となり、法の専門家である弁護士の力添えが欠かせぬ状況であるのが一般的です。

 

なにより債権回収に関して知っておくべき現状として、債務者からの未払いプラス、処理を依頼した弁護士と依頼者間の報酬面のトラブルが発生してしまう展開が数多く見られる事実が見逃せません。例えば裁判で勝訴したにも関わらず相手が支払いを実践しない、あるいは相手に支払い能力が無く、最終的に回収が叶わぬにも関わらず、弁護士から報酬請求が寄せられてしまうケースは代表例です。あるいは正式依頼時には回収不可であれば報酬不要と言われていたにも関わらず、弁護士側が前言を覆して報酬を請求するケース、更には債権回収こそ叶えど、弁護士への報酬で全額相殺どころか持ち出しが生じてしまったなど、いずれも弁護士への依頼のメリットはゼロのみならず、更なるデメリットが自身に襲いかかる最悪の展開です。

 

こうしたトラブルの1番の要因として、正式に弁護士に依頼する際の相互確認が不十分、あるいは依頼する弁護士の選択そのものを誤ってしまった結果である可能性が挙げられます。ここでは皆様が同様のトラブルの主人公に巻き込まれぬために、ぜひ正しく踏まえておいていただきたい関連知識をお伝えします。債権回収問題の解決のみならず、何らかの目的での弁護士への依頼に際しても共通する内容ですので、最後までご一読からご理解いただければ幸いです。