費用面は確実に理解を

債権回収に際し、結果的に弁護士に支払うべき費用が回収金額を超過してしまう展開は、残念ですが全国各地で発生が止まらぬ状況の典型例の1つです。ここで依頼者である皆さんに冷静に捉えていただきたいポイントとして、ご自身にその展開が生じる可能性を自らが冷静に試算から想定する作業の実践が挙げられます。そのためにも弁護士との事前相談から即正式依頼を焦らず、成功報酬の算出方法などを含め、さまざまなケースで自身に負担義務が避けられぬ費用がどうなるのか、そのシステムをキチンと把握の上、一旦リセットしての再検証が欠かせません。

 

例えば誠意的な弁護士の中には、たとえ裁判で勝訴したにせよ、債務者側に支払い能力が無い事が確信出来れば、依頼を辞退される方も見られます。これは相談者側が結果、自身への弁護士費用を持ち出しただけの形での終結となる事を回避する目的であり、その旨がきちんと説明されますので、しっかりと傾聴から理解に努めてください。一方で「回収出来なければ報酬ゼロ」的な文言で広く依頼者を募る弁護士も見られますが、この「回収出来なければ」の表現の文字の裏にはさまざまなケースが想定されます。「1円でも回収出来れば全額報酬請求」との解釈も出来る謳い文句であり、細心の注意を払い、僅かな疑問点を残したままの安易な依頼が結果、今度は弁護士との新たなトラブルを招く事となり兼ねません。