複雑な債権回収問題

元来支払われるべき金額の入金が滞るケースとしては、取引先間に於ける売掛金回収問題が思い浮かびますが、これが債権回収問題となった場合、状況はより複雑となり、法の専門家である弁護士の力添えが欠かせぬ状況であるのが一般的です。

 

なにより債権回収に関して知っておくべき現状として、債務者からの未払いプラス、処理を依頼した弁護士と依頼者間の報酬面のトラブルが発生してしまう展開が数多く見られる事実が見逃せません。例えば裁判で勝訴したにも関わらず相手が支払いを実践しない、あるいは相手に支払い能力が無く、最終的に回収が叶わぬにも関わらず、弁護士から報酬請求が寄せられてしまうケースは代表例です。あるいは正式依頼時には回収不可であれば報酬不要と言われていたにも関わらず、弁護士側が前言を覆して報酬を請求するケース、更には債権回収こそ叶えど、弁護士への報酬で全額相殺どころか持ち出しが生じてしまったなど、いずれも弁護士への依頼のメリットはゼロのみならず、更なるデメリットが自身に襲いかかる最悪の展開です。

 

こうしたトラブルの1番の要因として、正式に弁護士に依頼する際の相互確認が不十分、あるいは依頼する弁護士の選択そのものを誤ってしまった結果である可能性が挙げられます。ここでは皆様が同様のトラブルの主人公に巻き込まれぬために、ぜひ正しく踏まえておいていただきたい関連知識をお伝えします。債権回収問題の解決のみならず、何らかの目的での弁護士への依頼に際しても共通する内容ですので、最後までご一読からご理解いただければ幸いです。